環流のことや海流などについて勉強しました

環流などについて勉強しました。北大西洋にも同様の環流があります。南半球の環流は反時計まわりになっています。このうち、黒潮やメキシコ湾流など海洋の流れがとくに強くなっています。これを西岸強化といいます。海流の原動力となっている主な風系は貿易風と偏西風ですが、それに転向力が加わって環流ができ、西岸強化も生じます。太平洋には南から北上する黒潮と、北から南下する親潮の流れがあり、日本海には北上する対馬海流とそれから分枝した津軽海流や宗谷海流があります。黒潮は北太平洋の環流の一部分であり、北赤道海流がフィリピン東方で南北に分かれたその北上分枝を源流としています。水温は約20℃、塩分は34〜35%で海水は透明度の大きい藍色をしているのが特徴です。親潮はぺーリング海とオホーツク海に源をもち、黒潮にくらべると低温・低温分の海流です。その海水が栄養分に富むことから親潮の名が生まれたといわれています。とても勉強になりました。http://www.ewpn.co/

独りでに夏場なんか大嫌いになってしまっていた。

6毎月中点だというのに、二度と扇振り容器全開でオーバーにしているのにまだまだ暑い状態になってます。週間前は、肌寒い真夜中であったのに今夜は扇振り容器のタイマーが切れた途端起こる寝苦しい真夜中、ということでしょうがないからネットでもやるかという状態になっています。この夏は、一部の原野には水ももはや取水ルールが入り猛暑との予見がされている都の件、この先おおいに脳裏のいたい職場、今のところは我慢しているのだが本当は即時室温を垂らしたいぐらいだ。
温暖化の成果か同課はわかりませんが前もって、天気変動は耐え難いだ。昔は、室温がなくても踏みとどまれる暑さでアイスの一環、二つ食べたり冷したスイカだったり、カルピスを飲んだりと面白い旬だったのが最近では、そんなことを楽しむ余分も無くまったく夏場が始まったばかりだというのに、手早く秋が欠けるかなあとおもうプロセス。
そういえば、昔は大好きな旬できっちり夏場といえばクラブや海に行って涼んだりしたりしていましたが、いつの間にか行かなくなってから十数年だ。海に行けば気分は晴れ上がるのでしょうかね。屋根塗装 相場