気候においてって空気の動きのことを勉強した

ウエザーなどにあたって研究しました。土砂降りは、瞬間降雨が15cm以内だ。霧雨は執念深い層雲から降ります。にわか雨は、対流性の雲から降ります。スノーは層状の雲から降ります。にわかスノーは、対流性の雲から降ります。みぞれは土砂降りってスノーが共々降ります。次は、大気の触発(気圧)に関しましてだ。長さ約1mの仲間を閉じたガラス管に水銀を満たし、逆さとして水銀の入った箱の中に立てます。管内の水銀現実はおちて、下の箱の水銀現実から約76cmのところでとまります。こういう水銀の重さによる触発といった気圧が、箱の水銀現実でつりあいます。これを、トリチェリの試験といいます。1気圧=1013.25(hPa)(ヘクトパスカル)だ。高気圧は、中心の気圧が近くより高い所にあり、風(気圧の高い方から低い方にかけて吹く)は右手移り(目覚まし移り)に吹き出します。殆ど付近の気流は落ち込み気流で、ウエザーは良いだ。低気圧は、中心の気圧が近くから低い所にあり、左手移り(半時計移り)に吹きこみます。殆ど付近の気流は前進気流で、ウエザーは悪いです。勉強して良かったです。パルクレール 効果なし